おちえ工房

東京での長年のOffice Worker生活から転じて、田舎での自転車生活スローライフならぬフリーライフを満喫。2009年10月に第一子となる男の子を出産。子育て、スポーツ、自然など徒然なるままに。

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ママキャリア
成長曲線
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
歯が生え(て)ました。

さて、もうしばらく前の話になりますが、6月中旬ごろ(20日くらいかな)、 ちょうど母が来ていた頃ですが、授乳しているときに 「痛い!」と感じた時がありました。

もしかして歯が生えてる?? と思ってみたら、下の前歯が2本。
確かに6ヶ月くらいの頃、そろそろかな〜と思って見たら、まだ何も無く、7ヶ月のころは歯茎が硬くなっていたので、もう生えそう、とは思っていました。

でもそれから、激しく動くようになると、改めて口を触る機会も時間もないし、本人も嫌がるので、そのままに。 本当にはいつ生えていたのかな?と思うけど、きっと気づいた頃に生えたのでしょう。

それから今まで3週間くらい、おっぱいを噛まれたのは3,4回くらいです。
最初に「痛い!」と言ったら、もう一回噛まれたけど、それからは「痛い、Stop!」とちょっと強い言葉で言うと、普通の吸い方に戻って、困ってることはなく。

でもきっと「本当に噛まれて痛くなるのはこれからだよ〜」と言う先輩ママの話を聞くと怖いですが・・・。


私も大人になってますわな。(←と聞こえてきそうな顔.栂池のロープウェイで。)


でも良い事は、それは最近始めた離乳食が、全がゆなどから始めなくても、いきなり割と固い物も食べられる!ということ。

実は、私はお世話になっている助産院や助産婦さん達が離乳食は遅くてもよくて、本当に食べ物に手を出すようになったり、興味を示してからで十分OKで、胃腸が丈夫になってからあげたほうが、アレルギーにもなりにくい、実はおっぱいで栄養は1歳くらいまでも十分、という意見で、まだ始めてはいなかったのでした。 


純も半年くらいから、食べ物を目では追っていたり、最近は私達の食事にも手を出すようにはなっていたのですが、直接はじめるきっかけになったのは、ある日、私が箱買いして床に置いていたトマトを、知らない間にかじっていた事(笑)

それから、もう9ヶ月だし、五分がゆくらいのおかゆをあげようと思ってあげたら、嫌い、いきなり、白米を食べました(笑) きゅうりも、みじん切りより少し固めのものが好きなようす(笑)

これらをもぐもぐできるのも、歯が生えているから。





まぁこの離乳食の話はまた今度・・・。
| 8ヶ月 | 22:31 | comments(2) | trackbacks(0) | -
真似
 最近いろんな事がとてもよくわかって、まねをするように。

この前はトマトをいじっていたので、私がまるかじりをして見せたら、その通りにJunも口をトマトに持っていって、かじるようなまねをした

そのほか、”バイバイ”も数週間くらい前から、うっすらだけど、手を振るように。

そもそもうちは自営なので、お父さんに「行ってらっしゃい」とかバイバイするシチュエーションが少なく、夜 寝るときだけ 「バイバイ」をさせていたので、あまりピンと来ていない様子だったので、最近お客さんに向かって「バイバイ〜」ってするようにさせてみたら、覚えた様子。

それ以外は、最近のブームはこれ。

なんか最後に雄たけびをあげてますが・・・

クイックルワイパーやハンディモップ、ころころローラーも大好きで、前後にいじるので、掃除しているかのよう。

あとは、いつものパソコン。おじさんみたいな背中・・(笑)





まだどれも本当に真似をしているというより、いじっている、というのが多いけど、そのうち本当に私達の真似をして笑わせてくれるようになるのだろうな〜。

| 8ヶ月 | 21:47 | comments(3) | trackbacks(0) | -
ヒトの成長ってすごい!(つかまり立ちしました。)

思えば、純が3ヶ月になった頃から、私も積極的に外に出るようになり、ベビーマッサージ、お産の会、おはなし会と最初は純のための集まりへ。 そして3月くらいから、信州大学での韓国講座(月1回)、HULA(月2回),アーユルベーダクラス(週1回)と自分磨きも含めたお出かけが多くなり。

そして6月は自転車に復帰、カクタスカップレース、そして母が来穂(穂高の穂)。

こうして思えば、かなりハードスケジュール ちょっと確かに、いろいろやりすぎだなぁ、純の為というより自分の為だなぁ、なんて感じてたかも・・・。純も3ヶ月くらいからすっかり落ち着いて、私も楽になって、気候も良くなって、自分自身、外に出て新しいイベントに参加することがうれしくてしょうがない時期でした。

そんな中、私が忙しくしている間に、純はどんどん変わっていってました。


どんどん大きくなって・・。

もちろん気づいていたけれど、何でも興味を示して手を伸ばし、寝返りを頻繁にして、声が大きくなり、ハイハイするようになり、オムツ替えもじっとしていなくなり、ウの回数も減り、一時薄くて心配になった髪もどんどん柔らかい新しい髪の毛が生えてきて、何でも私のほうを見て意思表示するようになって・・・・・この数ヶ月の変化(進化)は、数えればキリがありません。

ホントいまさらですが、もうちょっと丁寧に変化を見てあげてればよかった。。1歳までのこの時は毎日が劇的な変化、”その日”は、もう戻ってきません。

って何で成長を後悔するようなこと言うの?っていつもだんなさんに言われるのですが、そういうわけでもないのですが、なんとなく、そんな気分に。 多分そういう気持ちにさせたのも、そう、先週とうとう 立った!のです!!

遂に、つかまり立ちをしました〜。

↑これがはじめてのとき。諏訪のうなぎ屋さんで。

前から足は強くて、4ヶ月くらいからか、何度もスクワットをひざの上でしてたけど、はっきりと支え無しで立ちポーズをしたのは、母が先週来た日(6月17日)の夜でした。

それからというもの、

つかまれるところを見つけては、ひざを折り曲げるように。


なんとか立とうとする。


まだ少しふらつきながら。

ひざもまだ床にぺたんとついたり、曲がってました。こんな感じが6月の中旬1週間ほど続き。
そしたらその後、たったこの6末の1週間で、今では・・・

え?おなじバンボ(椅子)につかまる感じが前と違う・・・


ふつうに立ってますけど・・


えぇぇ〜 足がまっすぐになってる〜。赤ちゃんじゃなくなってる〜

もう本当に成長にびっくり。もちろん感動してます。うれしいです。でも正直、ハイハイ(しかもズリバイしかまだしてないのに)からあっという間に立ったので、私でさえ見過ごしてしまいそうな成長の早さに、驚愕。 

きっとこの「つかまり立ち」してからは世界が一変して、毎日毎日うれしそうに、いたるところを見つけては立とうとする純。昨日はできなかったのに、今日はもう片手を離して立てます。(でもまだ危ない。) しかも、立ったら、くるっとふり返って、得意そうに私に見せる顔がまた


私も何だかいろいろ うっかりとはしてられなくなりました。 どうしても前より自分の時間は少なくなるかもしれないけど、しっかりと成長を見てあげるようにしなくては〜! 





| 8ヶ月 | 22:17 | comments(3) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ