おちえ工房

東京での長年のOffice Worker生活から転じて、田舎での自転車生活スローライフならぬフリーライフを満喫。2009年10月に第一子となる男の子を出産。子育て、スポーツ、自然など徒然なるままに。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ママキャリア
成長曲線
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
やってしまった・・・。(反省)
今週は、木曜から、MTBのエリートライダーの健ちゃんと、カメラマン君の二人が我が家に2泊していきました。 健ちゃんは道産子、マサルさんが弟のようにかわいがっている選手。マサルさんの指導を仰ぎにやってきて、明日の富士見パノラマでのJシリーズレースに向けて、三人でいろいろ自転車のセッティングやレースについて語ってました。

しかし二人ともまだ25歳、若い!! こんな世代の子と接するのも珍しいので(笑)いい経験です。

----------------
さて。

実は昨日、ちょっとした事件がありました。

というか、私の不注意100%・・・。

昨日の朝、純のよだれかぶれを治療する病院へ行こうと、私の愛車ジムニーに純を乗せようとしてました。
チャイルドシートのベルトを純の両肩に付け、股のところでパチンとはめて固定しようとした瞬間、「すみませ〜ん」とおじさんが。

どうやら観光に来て満願寺に行きたいようで、地図を広げています。

私はすぐに地図に指差して教えてあげようと、道順を説明していたとき・・・。


”ゴン!!!”


純が・・・(涙)
落ちてしまいました。(涙)
しかもアスファルトに、頭から!!!

私はチャイルドシートのベルトの最後のパッチンをしていなくて、しかも助手席のドアを開けたままで、
おじさんに説明をしていたのです。。

ジムニーをご存知の方ならわかると思いますが、2ドアなので助手席にしかチャイルドシートは付けられず、しかもジープなので車高が高い。。

一瞬、かなり動揺しました。
もちろん 火がついたように泣き、後頭部を確認。とりあえず左目の上が少し打っていたので赤くなっていましたが、手も足もうごいているし、吐いたりぐったりはしていないので、「落ち着け、落ち着いて」
と自分に言い聞かせて、救急病院へ電話。

顔色は?吐き気は?と聞かれて、それは無いようなので、多分大丈夫だろうということでしたが、もちろんすぐに行きました。


病院に付く頃には純はもう泣き止んで、笑ったりしていたので少し安心しながらも、眠そうにもしていたので、焦りました。 病院へ向かう車の中では純に100回くらい謝りながら到着。

救急といえども混んでいて30分は待ったのですが、内診では、頭、足、念のため腹部の検査、をしてもらって、「大丈夫そうですね」とのこと。 ホーーーーッ。

でも、「一応 家の中の事故ではなくて、車高の高い車からアスファルトに打ったということなのでCTの検査もしますか?」と先生が言ったので、大丈夫と思いつつも、念のため。

CTの検査の時も、赤外線や動くベッドにおびえながらも泣かなかった純。えらいね、それに比べホント、ダメママでごめんなさい・・・。検査結果も異常なし。

よかった。。でも万が一打ち所が悪かったら・・考えただけでも青くなります。
その後 いっぱい抱っこしておっぱいも、いっぱい飲ませてあげました。

前は肩ベルトをしたら動かなかったので、まさか寝返りをうって、ベルトも外れるとは。 しかもドアを閉めようとする直前におじさんが来たから、開けたままにしてしまったのが悪かった。。
どれも言い訳、後の祭りですが、それほど動くようになって、気をつけなければ、という戒めですね。。


ごめんよ!!


「それは、うっかりさんだね」
とダンナさんからもぴしゃり。当然だけどさらに悲しくなりました。。

ハイハイもすごくするし、今までとは違う人物くらいに思ったほうがいいかも・・・。
あぁ気をつけよう。。

| 7ヶ月 | 21:40 | comments(6) | trackbacks(0) | -
初ハイハイ!

みなさま、お久しぶりです。

前回の記事に、本当にたくさんのコメント、励ましありがとうございました!
文章に書いてしまうと、何だかすごく深刻にストレスが溜まっているような感じがしたのかもしれませんが、実はそんなことは無く、、ちょっとGWがあまりにもいいお天気だったのと、ちょっと自分自身の事も書いておきたい、という思いで、書いたのでした。

でも、多くの同じ思いが皆様にあるということや、改めて気づいた事も多く、とてもいい機会になりました。

育児はもちろんある程度の我慢は伴うもの、自分の欲をいかに抑えるか。人一人育てる責任はそれはそれは重いものです。今までの私の人生の中でのどんな経験より、仕事より、多くの人間関係より、日々の子育ての中で学ぶことはその何十倍も学ぶことが多く、いい経験になっています。
そしてなにより自分を世界で一番と思ってくれるわが子(多分今が一番)とはぐくむ、愛情による自分の発見も多い!  
私って以前,自分は、絵本とか棒読みだし、オムツとか替えられるのかなとか、赤ちゃんとどう接したらいいか、なんて不安だったけど、今では喜んでおおげさな口調になってるし(笑)

とにかく、今はもちろん子育て優先で、でもその優先順位を間違えなければ、時々は預けて趣味を楽しむ時間を取ってもいい、時間や費用とも折り合いをつけながらやっていこうと思います。

------------

で、しばらく前回の記事にはまってしまって、「久しぶりに純の記録を書くぞ」、と思って、実は先週、ずっと書きたかったハイハイの話、を1時間書き終えて、さあて保存!しようとしたら、なんと、、消えてしまった!!!のでした。 が〜ん。 で、ショックでしばらくこちらのブログを更新する気持ちがわきませんでした・・・。


で、再度トライ。ハイハイの話。

*5ヶ月(3月)くらいから、ハイハイしないかな〜という期待もあって、うつ伏せで遊ばせたりするようになった。この頃にはもう頭を自分でかなり高くあげられるようになっていたけど、まだ動かず。
まだうつ伏せは疲れるのか、15分もするとぐずり始めて、やっぱり仰向けでプレイジムで遊ばせるほうが多かった。


↑3月の終わり頃。ちひろ美術館の子供の部屋にて。
この頃は足をささえると前に行けるけど、自力ではまだちょびっとだけしか行けず。

*6ヶ月(4月)に入った頃から、両手・両足を宙にうかせてバランスを取る、いわゆる飛行機ダンス?のようなものが目立つように。 3月頃から始めたと思う、360度回転は頻繁になり、回転は自分の思うようになった様子 。また、後ろにも少し行くように。(後ずさりは、純の場合は余りはっきりとはしてないかな。)

ゆらゆら木馬と同じ、ひこうき〜♪

自分の体を揺らして音を鳴らします。

前に行きたそう!

*で、はじめて前にはっきりと自分の手だけで進んだのが、4月29日!(6ヶ月と25日!)
いわゆる、お腹を擦っていくずりバイです。


もうそのコツを掴んだら、早い早い!


もう一気に一週間くらいでどんどん進み始めました。


彼にとっての世界が激変したのでしょう。


お父さんの足をくぐって。


自分のとりたいものも


もう自由自在。

初ズリバイからたった2週間で、今ではもう部屋の端から端まで進んでます。

この前 ちょっとした隙に純が消えた!と思ったら、
お店と家との間の段差で転んで仰向けで笑っている純がいました・・・。

しかも コンセントやコードが大好き。なぜカラフルなおもちゃを素通りしてまで、あんな地味なものが好きなのだろう・・・不思議です。

目が離せません・・・。でもニコっと笑いながら、こちらにハイハイしてくる姿は前にも増してちょ〜かわいい〜んです こんなにかわいい姿、見れるのは本当に幸せ。

| 7ヶ月 | 22:39 | comments(3) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ