おちえ工房

東京での長年のOffice Worker生活から転じて、田舎での自転車生活スローライフならぬフリーライフを満喫。2009年10月に第一子となる男の子を出産。子育て、スポーツ、自然など徒然なるままに。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ママキャリア
成長曲線
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< よだれかぶれ | main | 初ハイハイ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
今のプチ悩み(dilemma)
GWも終わりましたね〜。やまめのブログのほうにも書きましたが、GWはず〜っと母子家庭状態でした。。 休日に家族で出かけられないのがつまらない、とかでは全然ない。それは覚悟の上です。 ただ、やっぱり本音としては、私も自転車に乗りたい!、のです。

もちろん子供が小さいうちはガマン・・というか、別のステージとして、わりきって、子育てを楽しんでいる。今できること、するべきことはこれだし、実際わが子はとってもかわいいし、反応も出てきたから、とてもいとおしくて、一緒にいて楽しい。

ただ、私が、最高のサイクリング日和のときに、毎日「いってらっしゃ〜い」と大勢の楽しそうな生徒さんを目の前で見送るシチュエーションでなければ、自転車やアウトドアの事を忘れられて育児に没頭するような環境だったら、もう少し割り切れたと思う。

毎日見送った後、ちょぴっとだけ切なくなる。

でも自分で好きで選んだ(ダンナさんと一緒に始めた)この世界のお仕事、これで稼いでいるから、もちろんわかっているし、やまめは遊びじゃない。きちんとした対価として、来て頂いた人に喜んでもらい、最高のおもてなしをすること。

だから絶対私のこの陳腐な気持ちは、仕事で200%の力を出してがんばっている相方さんには言えない・・。(←書いてるけど)


もし私が、富士チャレのお仕事に行くために出張する相方さんを見送る時に「私も去年は女性チームで出てたなぁ」なんて思い出す状況が毎回無ければ、もう少し割り切れたかもしれない。

もし私が、去年のSSミーティングの時などの、20人以上のライダーがうれしそうに相方さんと家の前を颯爽と走り去るのが窓から見えてしまう状況でなければ、もう少し割り切れたかもしれない。


・・・・・・・こういうのって、きっと選手とかがケガして走れない時とかに、目の前で自分が出るはずだったようなレースを見るのが複雑な感情と似ているのかしら?・・・・・・ 


でも、そこでいつも足かせ?というか、難しいのが、相方さんは自転車はお仕事で走っていて、私はあくまでも趣味だということ。 
趣味で走っている私が、「私も走りたい」なんて言えない・・・。(そもそも言っても、おじいちゃんもおばあちゃんも近くにいないから現実一緒に走るのは無理だし。)

相方さんが趣味で週末自転車乗ってるんだったら、「たまには代ってよ〜」とか言えたのかな?


まぁ、へびの生殺し?みたいなシチュエーション?がちょっぴり辛いだけです。。
子供がいたらそれは当たり前、結局 無いものねだり(というか、隣の芝生は青く見える?←使い方変ですかね) なんですけどね。
こういうのを ”dilemma ジレンマ”と言う、と、近所の家具工房のアメリカ人のおじさんが教えてくれた。



唯一私が乗る方法は、多分平日の工房の作業が少ない日に、相方さんに子守を頼んでひとりでちょっと数時間くらいだけ乗れるかも・・・。
託児も土日ははねあがるし・・・。「趣味の為にお金かけて預けるの?」って言われるとそれまで・・だし、、ね。

純がかわいくないわけじゃない、とてもかわいいです。
でも、東京でのお仕事も辞めてしまって、この2年はやまめの世界が私にとって全てだったのも、それが自分の体は元気でウズウズしてるのに、急にできなくなったときに、淋しさを感じるのかも。

といって例え平日どこかでフルタイムで働いても、土日がっつり仕事のだんなさんとはすれ違いで、それこそ私も週末 どこかに預けて私が自転車なんてしたら、純がかわいそうで、できないし。
小学生くらいになったら一緒に乗れるかも、でもそれまで7年待つ?って長すぎ・・。

まぁでも、大丈夫です。

だから、ジャージを作ったり、ツアー企画を作ったり、今私が走れなくても、私のできる事で、稼いでいける方法や、レースの託児もなんとか考えられないものだろうか、とか、子供を後ろに乗せて、ママサイクリング企画とか、頭の中がぐるぐる回っています。


それに、きっと純を保育園に行かせるようになったら、平日には少し時間ができて、平日のやまめは参加できるし、いろいろまた活動もできると思います。

-------------------------
ぐちっぽくてごめんなさい。。これってホント一方的な私の勝手なんだろうな〜って、必死に体を使って稼いでバタンキューでいる相方さんの姿を見ると、ますます思えます。。

だから、もうひとつのブログには書けない事もちょっぴりこっちでは書いたりして。
本当は 今回は「めでたし初ハイハイ!」の内容を書こうとしたのに、いつの間にかこんな内容に


これも おちえ工房ブログならでは、ということで許してくださいませ。
| 子育て | 16:31 | comments(16) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 16:31 | - | - | -
うん、お気持ちよくわかります。
我が家も子供が小さい時は夫婦でお互いに
遠慮せず意見を出し合って
子供の対応をしてました。

平日のすきま時間に1時間。
だんなに遠慮せんでよかたい(笑)
峰の原にいらした時は、私たち夫婦で宜しければ
遠慮なく預けて下さい。
我が家も夫婦で参加する時間帯をずらして
あっちゃんの対応してますので大丈夫ですよ。
| さかなくん | 2010/05/06 9:31 PM |
子育て経験が未だ無い事と、子供を預かる責任の重さ。
色々なことを考えると気軽に任せて!とは言えませんが、
長時間でなければ、5時からパパ(笑)で良ければ純クンの
お相手しますよ〜。
| | 2010/05/06 10:51 PM |
それはおちえさんが真面目で一生懸命で自分にしかできないって思いこんでがんばりすぎてるからだと思います。
割り切って、高くても託児所に預けて思いっっっきり自転車楽しんだ方が子供のためです。

気がつかないだけで子供を少しでも冷たくみてる自分がいることあると思います。
ストレスが小さいうちに消さないと、もたなくなりますよ。
これからいろいろ病気したり、後追いしたりあしかせいっぱいですよ。
悪い母親なんて誰も思わないし。
その後はもっと育児が楽しくなります。
自分に正直になってがんばって下さい。
| | 2010/05/06 10:54 PM |
>さかなくんさん
ありがとうございます!峰の腹は、ラッキーな事に、ご近所の主婦さんチームで出ることになり、小さい子も3名ほどいるので、みんなで走りながら交代で子守してくれるそうです。そういうのができる、耐久ファンレースなど子供連れでもできるイベントに企画や出場していきたいな〜と思います!

>玲さん
いつも五時からパパ(笑)大助かりです!もし土日や?何かある場合はお願いするかもしれませんので(すぐには無いですが)よろしくです〜。

>名無しさま
コメントありがとうございます。こんな風に書いてしまったので心配させてしまったかも、ごめんなさい。全然ストレスとか深刻ではないです〜。

でも、そうですね、思い切って、時々は預けてしまうのもアリかも。

でも今は、相方さんが必死になって稼いできたものを私がヒラ〜っと使ってしまうのがどうも抵抗があって・・・。(しかも趣味の為に)きっと私はずっと10年以上フルタイムでしっかり働いていたのに、自分で稼いでいない(目に見えては)今の自分に抵抗があるかもしれません。

でも、やはり子育ては”いかに自分のエゴや欲を抑えるか”のいい勉強だと思っています。(もちろんこれからがもっと) それが、今まで自由奔放に自分のやりたいこと中心でやってきた私には一番必要で大事な経験と思っていて。両親もそうやって私を育ててくれたから今こうしていられる。
それが学べるこの状況にも感謝しています。

実際は、理屈でなく、私を一番頼りにしてくれて、最高の笑顔を見せてくれるMy babyと一緒にすごせる毎日はすごく幸せで、一番変化していく時期の今は一緒にいるのがホントに楽しいです! 

これは私が東京の生活スタイルのままだったら絶対得られなかった事ですし、だから今のこの状況の幸せをより実感しています。

でもアドバイス頂いたように、時々は時間を工夫しながら、気晴らししていきたいと思います!

| Chie | 2010/05/07 9:24 AM |
きっと誰もが子育ての時に悩むところですよね。
趣味はそれぞれ違うけど…。
夏に山形に来た際は、ちえさん選手で走っていいですよ〜!
私、一応二人の息子を育てちゃったんで、純くんのお世話
は大丈夫ですo(^-^)o
その時は遠慮なくどうぞ♪
| boketin | 2010/05/07 9:30 AM |
お久しぶりです。純kunもすくすく大きくなって可愛さUPですね。
日記見て、「あぁ私だけじゃないんだ」って・・・実は私も同じ事を思っていました。
チームの皆が練習&レースに参戦する姿がとても眩しくみえて、羨ましくて・・・とっても切なくなる事が多々ありました。私も母になり、頭の中では子育て優先!!って思ってみるものの。ない物ねだりなのかなぁ〜って、こんな気持ちになる自分を責めてみたり。

だからこの日記をみて、とっても今の自分と同じ気持ちなんだって、少し安心しました。

私もいつか息子と一緒に自転車に乗るのが夢。
それまでしっかり体力をつけておかないとね。
今は自宅でローラー台&筋トレ&お散歩で頑張ります。

おちえsanも無理しないように♪お互いに育児楽しみましょうね。
| 黒ウサギ | 2010/05/07 9:42 AM |
他人に預けることは、悪いことじゃないよ!!
 子供のためにも、自分のためにも、
 色んな人に、抱っこしてもらったり、
 接することは、とても大事!!
 子供の世話をしている、ご褒美でいいのでは?
 少しでも、自分の時間を作った方が、
 もっと、子育てが楽しくなると思いますよ!!
 

 
| みっちょ | 2010/05/07 11:59 AM |
わかる。すごくわかります。

もちろんうちは旦那さんも趣味だから、
ちえぞうさんとはかなり状況が違うけれど。

いままで自分で稼いだものを自由気ままに使っていたから、
旦那さんが頑張って稼いだもので
自分の好きなものを買えないとか
旦那さんが仕事で頑張っている分
休みの日くらい旦那さんが好きなことさせてあげたいとか。。

もちろん子供は本当に可愛い。
もっともっとたくさん一緒に遊んであげたい。

でも・・・なにかチョット足らない?とか思っちゃうよね。

保育園に預ければ…とは思いつつ、一緒に過ごしたいし。。

欲張り、なんだろうなぁ。
それとも私たち、上手く息抜きできていないのかなぁ。

| みち | 2010/05/08 9:43 PM |
ウチも同じような状況です。

自分もなかなか趣味の時間が取れないし,妻にいたっては全くゼロ・・・

自転車に乗りたいと思えるようになったのは肉体的にも精神的にも余裕が出てきたからなのかもしれませんね。

託児所でもご近所さんでも預けられるなら預けて自転車乗ってきてください!そしたらいつもと違うリフレッシュしたママに接するのは純くんにとっても嬉しい事ではないかと思います。

「趣味をやってみたいのに・・・」と思われていると周りとしても辛いです・・・それならみんなで少しずつ協力してすこしでもハッピーな方向に持って行きたい・・・

衣食住を満たすだけでなく、出来る範囲で家族の「プラスアルファ」もできるだけ満たしてあげたいとパパたちは思ってるでしょうし、自分の為だけに働いているわけではないですもん。どうか遠慮なさらずに・・・

いったいおちえさんに向かって書いているのか、誰に向かってなのか・・・ウチも現進行形の悩みでもあります。
| だんご | 2010/05/08 11:20 PM |
とーってもお久しぶりです。私のこと覚えてますか?(笑)
私も未だに日々葛藤って感じですよ〜
自分で稼いでた頃と、専業主婦の今とを比べてしまって。
特に、育休明けに保育園を確保できず(当時は目黒区在住でした)退職したっていうのも大きいかも、、、

子供は今2歳2ヶ月。1人遊びも大してしてくれないので、一日中べったり。家事もままならない時も〜。でもちょっとずつ離れるべく(?)週一で、長年夢だった織り物を習いに行き始めたところ。子供は実家に預けるんだ
けど、毎回、泣いてないかな?とか心配に。
←子供は案外ケロッとしてるけど(笑)

チエさんは御実家も遠いから簡単に預けるとかは難しいけど、気分転換しながら、ねっ!

やっぱり1人の自由な時間って素敵だから〜。

お互い、頑張りましょうね。いつか、やまめの学校に入りたい〜!(*^_^*)
| カオリン | 2010/05/10 10:17 AM |
みなさま、たくさんのコメントありがとうございます!
文章にすると深刻に見えてしまったかもだけど、ストレスためているほどでは無いんです。心配してもらっててごめんなさい!でも皆がこうしてコメントくれて、やっぱり皆な同じ気持ちや、状況なんだとわかると、ホッとします。

長くなりますが、少しずつ、分けて返信しますね〜:

>boketinさん
そう趣味はそれぞれ違うけど、大事な趣味もありますよね。
夏はもし、簡単なコースだったら(猿倉みたいだったら遠慮するので^^;)お願いしたいかもです!ありがとうございます!

>黒うさぎさん
私も、黒うさぎさんのコメントを見て安心しました。やっぱり趣味でも、好きなものを諦めるのは辛いは辛いですよね。
だからといって趣味優先で育児をおろそかにするわけではもちろん無く、折り合いをつけて、8(子育て):2(自分)ぐらい??で楽しめたらな、って思います。
今度一緒に走れたらいいですね!(親子同士でもいつか!)

>みっちょさん
そう、預けるのは悪いことではないとは私も思っています。
ただ、仕事の為に預けるお母さんと、自分の趣味の為に預けるお母さんとでは、罪悪感が違うのかなって。お金を稼ぐために預けるのではないと、自分が何も生み出してなくてただ自分の勝手な満足な気がして・・。でもトータルでいい影響がでれば、それはお金には換えがたいもののはずだから、時々リフレッシュします!
| Chie | 2010/05/10 5:59 PM |
コメント返しの続きです〜。
>みちさん
>「だんなさんが仕事で頑張っている分、せめてお休みの日は好きな事させてあげたい」
→そう言われればそうですよね!私はだんなさんが自転車が仕事だから自分は遠慮しているとばかり思っていましたが、普段頑張って働いているダンナさんだって、だからこそ好きな事させてあげたい=奥さんは趣味を遠慮する。。

これは共働き夫婦だって全く同じですよね。二人が譲り合っていかなきゃならないというか。。

”欲張り”そう、私も全く同じ事考えていて、きっと私は欲張りなんだと思って。今までそういう生活してたから尚更抜け出せないのかなって。人ひとりを育てるって、想像以上に責任があって、そして喜びも得るものもあるってこと。だからある程度の自己欲は抑えなければいけない、でも気晴らしもしつつ、うまくバランスが取れるといいですね、お互い!

>だんごさん
貴重な男性からのご意見ありがとうございます。パパ達も間に立って辛いところですよね。
まさにおっしゃるとおり、産んだ直後4ヶ月くらいまでは精一杯で、「乗りたい」なんて気持ちも起きなかったです。それが最近思うようになったのは、お天気のせいだけでなく、自分の体も回復して、気持ちも余裕が持てるようになったからですね。それは自分でもとても感じていました。

”欲張り”ですが、でも育児を優先しつつ、自分が輝くこと、これも自分として、ママとしても大事ですね。

>カオリンさん
もしかして、イナちゃんとかで出会ったカオリンですか?(違ってたらごめんなさい・・)お久しぶりです!
もう2歳のお子様のママなんですね〜!織物の趣味も素敵。そうですね、決して優先順位を間違えてるわけではないなら、自分の趣味も大切!がんばりましょうね〜。余談ですが安曇野は素敵な場所ですよ〜。一度来てみて下さい。
| Chie | 2010/05/11 4:45 PM |
そうです!イナチャンとか、こっぱさんとか、のカオリンでーす!
ダンナの実家が長野県の飯田なので、年に二回は長野に行ってます。安曇野との距離感がわからないけどf^_^;)飯田に行った帰りとかに
やまめさんに寄りたいなー
ダンナは私よりもMTBに詳しい?クセに、MTBに乗らない(←世の中そんな人もいるのかとビックリ、、、)ので、やまめの学校で教えてもらってMTBに乗るきっかけになるといいかも(*^_^*)
| まさに、そのカオリン | 2010/05/11 7:08 PM |
ご無沙汰しております。北国在住のyossyです。
乗れない寂しさ、わかります。
で、私最近こんなの(ttp://www.rino-connection.com/biketrailer1.htm)を注文してみました。
チビたちとのサイクリング、今からワクワクです。
純君はもう少ししないと厳しいかもしれませんが・・・
| yossy | 2010/05/11 10:43 PM |
今日はありがとうございました。

純くん、かわいいですね。
最高の笑顔でした。

我が家は共働き
しかも、二人目の時は
嫁さんの産休を返上しないと
上の子が保育園に行けないということで
生後三ヶ月から院内保育園に行ってます。

家で付きっきりもいいですが
保育園で友達つくって、色んな先生にお世話になって
コレは家庭では体験できないことです。
いい経験だったと思います。

早く保育園にいけるようになるといいですね。
| ジン | 2010/05/13 7:39 PM |
お返しが遅くなってごめんなさいネ。
>yossyさま
トレーラーですね!外国でよく見る感じ、かっこいいですよね!でもマサルさん曰く「トレーラーは坂だとめちゃくちゃしんどいよ」ということなので、山のこの辺りはちょっと難しいかも。でも代わりに、子供を前に乗せるタイプをMTBに取り付けようかなと思案中です。(1歳くらいになったら)

>ジンさん
先日はとてもおいしい えびせんべいありがとうございました!私はえびせんべいフリークなので毎日パクパク食べてしまっています・・。
私も自営なので預けられるといえば預けられると思うのですが、3歳くらいからかな〜と漠然と考えています。それにしても土日中心の仕事には優しくない行政・・・。それもちょっと今から悩みです。でもこれからそういう問題に直面しながら、ひとつひとつ解決していくのが、子供を持って初めて分かる、とてもいい経験になると思います。
| Chie | 2010/05/20 10:27 PM |









http://chiekobo.jugem.jp/trackback/21
このページの先頭へ