おちえ工房

東京での長年のOffice Worker生活から転じて、田舎での自転車生活スローライフならぬフリーライフを満喫。2009年10月に第一子となる男の子を出産。子育て、スポーツ、自然など徒然なるままに。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ママキャリア
成長曲線
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 「オムツとトイレ」 | main | 純ダンス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
やってしまった・・・。(反省)
今週は、木曜から、MTBのエリートライダーの健ちゃんと、カメラマン君の二人が我が家に2泊していきました。 健ちゃんは道産子、マサルさんが弟のようにかわいがっている選手。マサルさんの指導を仰ぎにやってきて、明日の富士見パノラマでのJシリーズレースに向けて、三人でいろいろ自転車のセッティングやレースについて語ってました。

しかし二人ともまだ25歳、若い!! こんな世代の子と接するのも珍しいので(笑)いい経験です。

----------------
さて。

実は昨日、ちょっとした事件がありました。

というか、私の不注意100%・・・。

昨日の朝、純のよだれかぶれを治療する病院へ行こうと、私の愛車ジムニーに純を乗せようとしてました。
チャイルドシートのベルトを純の両肩に付け、股のところでパチンとはめて固定しようとした瞬間、「すみませ〜ん」とおじさんが。

どうやら観光に来て満願寺に行きたいようで、地図を広げています。

私はすぐに地図に指差して教えてあげようと、道順を説明していたとき・・・。


”ゴン!!!”


純が・・・(涙)
落ちてしまいました。(涙)
しかもアスファルトに、頭から!!!

私はチャイルドシートのベルトの最後のパッチンをしていなくて、しかも助手席のドアを開けたままで、
おじさんに説明をしていたのです。。

ジムニーをご存知の方ならわかると思いますが、2ドアなので助手席にしかチャイルドシートは付けられず、しかもジープなので車高が高い。。

一瞬、かなり動揺しました。
もちろん 火がついたように泣き、後頭部を確認。とりあえず左目の上が少し打っていたので赤くなっていましたが、手も足もうごいているし、吐いたりぐったりはしていないので、「落ち着け、落ち着いて」
と自分に言い聞かせて、救急病院へ電話。

顔色は?吐き気は?と聞かれて、それは無いようなので、多分大丈夫だろうということでしたが、もちろんすぐに行きました。


病院に付く頃には純はもう泣き止んで、笑ったりしていたので少し安心しながらも、眠そうにもしていたので、焦りました。 病院へ向かう車の中では純に100回くらい謝りながら到着。

救急といえども混んでいて30分は待ったのですが、内診では、頭、足、念のため腹部の検査、をしてもらって、「大丈夫そうですね」とのこと。 ホーーーーッ。

でも、「一応 家の中の事故ではなくて、車高の高い車からアスファルトに打ったということなのでCTの検査もしますか?」と先生が言ったので、大丈夫と思いつつも、念のため。

CTの検査の時も、赤外線や動くベッドにおびえながらも泣かなかった純。えらいね、それに比べホント、ダメママでごめんなさい・・・。検査結果も異常なし。

よかった。。でも万が一打ち所が悪かったら・・考えただけでも青くなります。
その後 いっぱい抱っこしておっぱいも、いっぱい飲ませてあげました。

前は肩ベルトをしたら動かなかったので、まさか寝返りをうって、ベルトも外れるとは。 しかもドアを閉めようとする直前におじさんが来たから、開けたままにしてしまったのが悪かった。。
どれも言い訳、後の祭りですが、それほど動くようになって、気をつけなければ、という戒めですね。。


ごめんよ!!


「それは、うっかりさんだね」
とダンナさんからもぴしゃり。当然だけどさらに悲しくなりました。。

ハイハイもすごくするし、今までとは違う人物くらいに思ったほうがいいかも・・・。
あぁ気をつけよう。。

| 7ヶ月 | 21:40 | comments(6) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 21:40 | - | - | -
無事でよかったです!

それにしても、育児って本当に想像力を鍛えられそうですね。
今回の件があったから、きっと次からは大丈夫ですよ。
| suguruko | 2010/05/29 11:20 PM |
あぁ・・・読みながらドキドキしてしまいました。

ホント大事に至らずよかった!
うちも目を離した隙にベッドから落下させてしまった
コトがあるのです。

その反省で、いまはおうちの中の物の置き方や
いろんな扉にも超神経質・・・

親のせいで子供の体に一生残る傷をつけないよう
お互い気をつけようね。

でも純君ホントよかった!!
| みち | 2010/05/30 11:32 PM |
うちでも、ベッドから寝返りして落ちたことがありました。

嫁さんがひとこと
「だって昨日までは寝返りできなかったから」

子供の成長は早いですね。

なんにしても、大事にならずよかったですね。
| ジン | 2010/06/01 12:24 PM |
子供が生まれてすぐの時から、私の母が、
シートや椅子に寝せるときは必ずベルトするように、ってしつこく言ってきて、、、
まだ寝返りすらしない時なのに。

育児疲れしてる私は、そのベルトをするというちょっとのことが億劫になることもあり、
しばしば母と言い争いに(^_^;)

でも今となるとわかる!常日頃からの自分のクセにしておくくらいじゃないと、つい、油断が出ちゃうんだ、って。とか言って、
なかなか実行するのは難しいのよね、、、

でも、とにかく純くん、怪我無くて良かった!!(*^^*)


| カオリン | 2010/06/01 11:22 PM |
皆様返信が遅くなってごめんなさいね〜。何だか気候がいいのもあって、出かけたりしてバタバタしておりました。

>sugurukoさん
育児って本当に経験あるのみ!って感じで、当たり前だけど、今までの私の人生には知らないことだらけ。これほど新しいことを学べることに感謝と面白さは感じてます。そういえば夏にはなちゃん一家が来るよ!

>みちさん
私もそれほど慎重にならないといけませんね。。元来大雑把な性格なので、第一子でこれだと、もし二番目できたらどうなることやら・・・って周りにも言われる始末で。。
ホント、笑い話じゃ済まされないようにならないように気をつけなければ!

>ジンさん
本当に。日々変わっていきますね。最近は夜寝ぼけながらぐるぐる自分で回転したりするので(泣かないでするので私も気づかないときが)、目が離せません・・・。

>カオリンさん
そう、忙しいママにはわかってはいても・・・っていうところですよね〜。私も今回の事で教訓になりました。。車社会のこちらは、ちょこちょこっとホント短い距離で車で違う店に寄りたい事が多くて(ドラッグストア、スーパー、パン屋etc)、その度にベルトを付けては外して、付けては外して、がめんどい!と思ってたのですが、今度からはmustで。。何かあってからでは遅いですもんね。。

| Chie | 2010/06/04 10:23 PM |
いやぁ〜、我が家の長女はそういう目に何回遭ったことか・・・遭わせたことか。(^^;)

今はもう中学生、後遺症など何事も無くスクスク過ぎる位に育ってます。

ご自分では「ダメママ」と書かれてますが、事後に落ち着いて行動されたこと・・・ダメママなんかじゃないと思いますよ〜。(^^)
| 猫背のParagon | 2010/06/05 12:00 AM |









http://chiekobo.jugem.jp/trackback/26
このページの先頭へ